技術記事

1/2ページ

typescript basic #6 モダンなJSの配列

引き続き、typescriptを学習していきます〜 前回、配列について少し学んだので、もう少しだけ踏み込んでみます for … of 構文 for of はシンプルに書けるので、ぜひ覚えるべし forEach 配列の値に対して、コールバック関数で処理を実行したい場合 filter 配列の値をフィルタリングしたい場合 map 配列の値に対して処理を実行したい場合 map はしっかりと使い […]

typescript basic #5 配列について

今回は、typescript の配列について学んでいきましょう! 配列の型宣言 配列の型宣言は このように配列の中身の型を宣言することができます 他の書き方としては このように型を宣言することもできます 配列の追加 配列の追加は push で追加できます。 ちなみに、nums は上の例だと定数で宣言していますので のように再代入はできません。 ただ、定数で宣言した配列に値を追加することができるので […]

typescript basic #3 関数の型について

今回もtypescriptを勉強していきます! 今回は、関数の型について void 返り値のない関数は、返り値にvoidと書きます 返り値がある場合 返り値の型の書き方をおさえておけば、 とりあえずは大丈夫な気がします。 アロー関数 ついでにモダンなアロー関数の書き方もおさえておきましょか このように書けますし、もっと短く書くなら このようにも書けますね! アロー関数の書き方がわからないという人も […]

サーバーって何?TCP/IPとは?インフラを基礎から学習してみるのでメモ

コードは書けるけれど、いまいちインフラが弱いという人は、かなり多い印象。 自分もめちゃくちゃ弱いです。 今までだましだまし仕事をしてきましたが、 ここから1ステージ上がるにはインフラの知識は必須! と思いました。 インフラは基礎からしっかりと学習して行こうと思ったので、 その学習メモ。 サーバーとはコンピューターのこと まず、サーバー、サーバーってよくきくけど、 サーバーがいまいちピンと来ていない […]

Dockerのログ出力方法。PHPログをerror_logで確認する方法

そういえば、Docker 内でLEMP環境を構築したのはいいけど、 error_logでログを確認しながら実装したことがなかったので、 ログの出力方法をメモ オプションf をつけることで、リアルタイムにログを出力することができますね。 これはtailコマンドと一緒。 こんな感じでerror_log をしてやれば、 こんな感じでログを出力できます。素晴らしい! こういう基本的な知識がまだまだ弱いなー […]

Docker-ComposeでLAMP環境を爆速で作る

最近は、Dockerを少しずつ勉強しているのですが、 そういえば、Docker でLAMP環境を作成していなかったので、 この機会に作成してみました。 docker-compose を使用すれば、すぐに作れます。 参考記事↓ https://qiita.com/rockinruuula1227/items/83f3f1406f339083ef3f 参考記事のまんまですが、 こんな感じの構成になって […]

Dockerの基本的なコマンドを練習しておく

普段、docker-compose を使用しているので、 dockerの基本的なコマンドがおろそかだったので基礎から学習したメモ イメージ一覧確認 これでもOK イメージ取得 ex) コンテナ起動 起動していたコンテナ確認 aオプションをつけると、過去に起動していたコンテナも含める コンテナをイメージに追加 ex) イメージに追加されていることを確認 こちらの本で学習中↓↓↓

Reactでredux を使用できるようにする!!TODOリスト開発中

引き続き、React でTODOリストを開発しています。 今回は、redux をReact で使用できるように改修していきます redux 難しい〜〜〜〜! まだまだ処理の流れが頭の中で整理されていない感じがします。 ただ、redux でstateを管理できるようになると、すべてのコンポーネントで、同じ値を参照するようになるので、アプリ開発においては、必須の知識でしょう。 ポイントだけ、コード書い […]

React + Rudux を導入してみた!Reduxは慣れるまでが勝負やね

React でTODOリストを開発しているのですが、 今回は、Reduxを導入してみました。 Redux を導入することで、stateをRedux で管理することができるようになります。 メリットとしては、どのコンポーネントも、このRedux で管理されたstate を参照するようになるので、統一した値を参照することができるようになり、 コンポーネント同士のバケツリレーをする必要がなくなるのですね […]