Pythonでコマンドラインの引数から値を取得する方法

Pythonでコマンドラインの引数から値を取得する方法

前回、Twitter のAPIを利用して、ツイートを取得するみたいな記事を書きました。

で、PythonでもAPIを取得できるようなソースを書いたのですが、

まだコマンドラインの引数から、検索キーワードとツイートの取得数を設定できるようにしたいと思ったので、

今回は、コマンドラインの引数を取得する方法について書いていきたいと思いますー。

引数を取得するにはArgumentParserを取得するのがいい感じ

ググってみるとpythonではArgumentParserというモジュールを利用するのがいい感じみたいでしたので、今回はこれを使って引数を取得してみます。

 coding:utf-8

  2 import tweepy

  3 import argparse

まずはインポートするので、import argparse を追加

パーサーの記述の仕方はこんな感じ。

  5 parser = argparse.ArgumentParser()

  6 

  7 parser.add_argument(‘-k’, ‘–keyword’)

  8 parser.add_argument(‘-c’, ‘–count’)

  9 

 10 args = parser.parse_args()

 11 

 

引数のキーで設定した値をそれぞれkeyword、count の変数に値を代入してます。

最後の実行処理も忘れずに書くこと!

で前回、ベタ書きしていたところを変数に変更すればOK!

 22 word = args.keyword

 23 set_count = args.count

 24 results = api.search(q=word, count=set_count)

 25 

 26 for result in results:

 27     username = result.user._json[‘screen_name’]

 28     user_id = result.id

 29     user = result.user.name

 30     print(“ユーザー名:”+user)

 31     tweet = result.text

 32     print(“ユーザーのコメント:”+tweet)

 

まとめ:コマンドラインの引数を取得する方法はぜひ覚えておきましょ

今回はpythonでコマンドラインの引数の取得方法を書きました。

コマンドラインから引数を取得する方法は、実際の現場でも頻繁に書くことが多いです。

主にバッジ処理の開発で、使用することが多いです。

バッジ処理ってなんぞや?って人に簡単に説明すると、

毎日、定期的に行う処理のことで、クーロンと呼ばれる設定ファイルに処理を登録しておけば、指定した時間が来れば、自動で登録した処理を実行してくれるようなイメージです。

そのクーロンの設定ファイルには、実行したいソースの実行コマンドを登録するのですが、

そのコマンドに引数を設定します。

もしあなたがバッジ処理を開発するような業務を行うことになり、コマンドラインからファイルの実行の仕方に慣れていなかったり、引数の取得方法を理解できないでいると、めちゃくちゃ開発が大変になるでしょう。

実際に自分もコマンドラインからファイルを実行する知識が、プログラマーになった当初はなかったので、仕事中にかなりテンパった記憶があります。(恥かいた…

ぜひみなさんもコマンドラインを使ったファイルの実行の仕方、引数の取得方法などの知識は今のうちから身につけてみてくださいね^^

現場で働けるエンジニア育成プラン

未経験からエンジニアに転職したいと考えている人を対象にレッスンを行っております。


私は29歳未経験からエンジニアに転職しました。

それまではミュージシャンを目指して音楽活動ばかり。
社会人としての経験はゼロでした。

エンジニア転職を決めたきっかけは、
その当時、ミュージシャンという職に対して将来的に希望がもてず、お金もなく、副業でやっていた物販にも失敗し、借金も1000万オーバー。
まさに人生のどん底で、そんなときに次の人生のステージとしてプログラミングという世界を選択しました。

あれから、数年。
今ではフリーランスとして仕事ができており、
収入もあの頃の数倍にまでなり、借金も返済できました。
エンジニア転職で人生が変わったといっても過言ではありません。

ただ、エンジニアに転職してからの時期は、困難の連続でした。
とくに最初の1−2年は、わからないことだらけで、本当にハゲるかと思うくらい苦しく、
実際に1年半後には適応障害になり、体を壊してしまいました。

プログラマーという職はタフな仕事です。

これからエンジニアを目指される方には、少しでも現場で苦労してほしくないという気持ちで、プログラミングのレッスンをしております。

私のレッスンではPHPを基本的なところからしっかりと学習していただいております。

これからPHPを使ってバックエンドエンジニアになりたい方には、大変おすすめのレッスン内容になっております。

レッスンはマンツーマン形式を採用しており、
しっかりとメンティーさんお一人お一人に対して、丁寧にコードレビューをして、
プログラミングの基礎をしっかりと身につけていただきます。
出題する問題には回答は用意しておらず、ご自身がしっかりとロジックを考えることを最大限重視しています。
また現場基準でコードレビューをしっかりおこなっておりますので、悪いクセがつくことを防ぎます。

PHPを基礎からしっかりと学習したい、Webエンジニアとして転職を考えているということでしたら、私のレッスンはおすすめできます。

実際の実績としても、
30代での転職成功者も多数!
未経験から機械学習エンジニアに転職成功!
MENTAでは圧倒的に高評価のレビューをいただいております。

エンジニアに転職して、人生を変えたい
再チャレンジしたい
と思っている方
もしかするとお力になれるかもしれません。

まずはお気軽にご相談ください。