Python Yamlファイルの読み込みの仕方

Python Yamlファイルの読み込みの仕方

 

Twitter のAPIをPythonで取得するの続き。

今回は、ベタ書きしていたTwitterのアクセストークンやコンシューマーキーをコンフィグ用のファイルを作成し、そこに移動させて

必要な設定値は、コンフィグから読み込んで処理を行うように改修していきたいと思いますー。

環境変数を設定してみる

プライベートで作業する上では関係ないかもしれないですが、

環境変数を設定してみました。

環境変数を設定してあげることで、それぞれの実行環境に合わせて、コンフィグなどから値を取得できるので、設定した方がベターでしょう。

Pythonの環境変数の設定の仕方は、こんな感じにしてみました。

 10 parser.add_argument(‘-env’)

 

 26 env = args.env

 30 if env is None:

 31     print(“env is not found.”)

 32     sys.exit()

 

環境変数は、コマンドラインの引数から取得するようにしましたー。

Python のnull 判定は、 変数 is None って書くのね。。

あとexit の仕方も学びました。

コンフィグはYaml ファイルに保持するようにした

んで、コンフィグは config.yml という別ファイルに書いて保存。

  1 stg:

  2     consumer_key :”***”

  3     consumer_secret :”***”

  4     access_token_key :”***”

  5     access_token_secret :”***”

先ほど設定した環境変数によって、取得する値を切り替えることができます。

今回はstg という環境変数を用意してみましたー。

で、Python でのYaml ファイルの取得方法はこんな感じ。

 6 import yaml

まずはモジュールをインポートしまして、

26 f = open(‘config.yml’, ‘r+’)                                             

27 data = yaml.load(f)

ファイルオープンして、ロードする感じみたいですね。

これで、コンフィグに設定した値をゲットすることができます。

 29 consumer_key = data[env][‘consumer_key’]                                 

 30 consumer_secret = data[env][‘consumer_secret’]                           

 31 access_token_key = data[env][‘access_token_key’]                         

 32 access_token_secret = data[env][‘access_token_secret’]

file openでYaml ファイルを取得するのはなんかイメージと違ったかな?

もっと簡単に取得する方法があるかもですが、今はとりあえずこれで書いてみました。

まとめ

今回、新規で追加したこと。

・環境変数をコマンドラインの引数からセット

・コンフィグファイルの作成

ちょっと実用的になってきた感じですかね?

勉強もかねて、少しずついじっていきますー

現場で働けるエンジニア育成プラン

未経験からエンジニアに転職したいと考えている人を対象にレッスンを行っております。


私は29歳未経験からエンジニアに転職しました。

それまではミュージシャンを目指して音楽活動ばかり。
社会人としての経験はゼロでした。

エンジニア転職を決めたきっかけは、
その当時、ミュージシャンという職に対して将来的に希望がもてず、お金もなく、副業でやっていた物販にも失敗し、借金も1000万オーバー。
まさに人生のどん底で、そんなときに次の人生のステージとしてプログラミングという世界を選択しました。

あれから、数年。
今ではフリーランスとして仕事ができており、
収入もあの頃の数倍にまでなり、借金も返済できました。
エンジニア転職で人生が変わったといっても過言ではありません。

ただ、エンジニアに転職してからの時期は、困難の連続でした。
とくに最初の1−2年は、わからないことだらけで、本当にハゲるかと思うくらい苦しく、
実際に1年半後には適応障害になり、体を壊してしまいました。

プログラマーという職はタフな仕事です。

これからエンジニアを目指される方には、少しでも現場で苦労してほしくないという気持ちで、プログラミングのレッスンをしております。

私のレッスンではPHPを基本的なところからしっかりと学習していただいております。

これからPHPを使ってバックエンドエンジニアになりたい方には、大変おすすめのレッスン内容になっております。

レッスンはマンツーマン形式を採用しており、
しっかりとメンティーさんお一人お一人に対して、丁寧にコードレビューをして、
プログラミングの基礎をしっかりと身につけていただきます。
出題する問題には回答は用意しておらず、ご自身がしっかりとロジックを考えることを最大限重視しています。
また現場基準でコードレビューをしっかりおこなっておりますので、悪いクセがつくことを防ぎます。

PHPを基礎からしっかりと学習したい、Webエンジニアとして転職を考えているということでしたら、私のレッスンはおすすめできます。

実際の実績としても、
30代での転職成功者も多数!
未経験から機械学習エンジニアに転職成功!
MENTAでは圧倒的に高評価のレビューをいただいております。

エンジニアに転職して、人生を変えたい
再チャレンジしたい
と思っている方
もしかするとお力になれるかもしれません。

まずはお気軽にご相談ください。