プログラマーの現場で質問することは悪いこと?どのタイミングで質問すればいい?

プログラマーの現場で質問することは悪いこと?どのタイミングで質問すればいい?

未経験からエンジニアに転職される場合、

どんなに独学しても、おそらく現場に入ると、大半がわからないことだらけだと思います。

なので、自分に任された仕事を完遂させるためには、どうしても周囲の方に質問しないといけない場合が多いでしょう。

ただ、

IT業界あるあるかもしれませんが、気軽になんでもかんでも質問すると、ダメ出しされたり、嫌な顔をされることも、珍しいことではありません。

では、どのような内容だったら質問したらいいのでしょうか?

質問するということは相手の時間を奪っている

まず、質問するということは、「相手の時間を奪っている」ということは意識するべきでしょう。

IT業界で忙しい人は、とんでもなく忙しいです。

今の現場の社長は、運転中も助手席にPCを置いて、信号がとまるたびに仕事をするレベルの忙しさ。睡眠時間は平均2−3時間だそうです。

本当にいつ寝てるのと思うレベルで忙しいかたもいらっしゃいます。

ただ、そのような方ほど、プロジェクトの中心人物なので、その方に聞かないとどうしても解決しないこともあります。

なので、そのようなときは質問する内容もものすごく精査しますし、じゃっかん勇気もいります。(まあ、自分は神経質なところもあるかもですが…)

さすがにみんながみんな、ここまで忙しいことはまれですが、相手の時間を奪っている感覚というのはもっておいた方がベターかと思います。

質問内容を簡潔に

嫌がられる質問は、あーだ、こーだ、と前置きが長く、何を言いたいのか全くわからない質問です。

大切なことは、

  • 何が問題?
  • 原因は何?
  • 何を試した?
  • 何をききたい?

を簡潔に質問することです。

例えば、

何かしらのエラーにハマって解決できない場合、

〜画面で〜のエラーがでています。

〜が原因かなと思い、〜を試したがうまくいきませんでした。

何か原因がおわかりになりますでしょうか?

というような感じで、エラー内容と合わせて報告するとよろしいかもしれません。

質問は口頭ではなく、チャットで投げてもOK

質問は口頭ではなく、チャットなどで質問してもよろしいかもしれません。

チャットで質問をなげておくと、相手のタイミングで返信してくれます。

一方、口頭で質問すると相手の集中を切らしてしまうこともありますし、

電話中なのに話しかけている方もいらっしゃいます。(あせっていると、案外気づきにくい)

自分で抱え込みすぎないこと

IT業界は、他の業界よりも質問することに気を使いがちです。

ときには勇気がいるときもあるでしょう。

ただ、未経験から転職されるなら、わからないのは当たり前。

わからないまま、自分で抱え込みすぎてしまうと、タスクは進まず、会社としても何もメリットはありません。

自分も質問することに、気を使ってしまうタイプですが、

どうしても質問しないと解決できないときは、

「自分が嫌な思いをするより、企業のタスクが前に進まないことが問題だ」と開き直るようにして、すこしでも自分のタスクが滞らないように、恥をしのんで質問することも多かったです。

なんでもかんでも質問することはよろしくはありませんが、

どうしても解決できない問題を何時間も抱え込むのは時間の無駄です。

何が雇い主にとって一番よい結果なのか考えることも大切でしょう。

まとめ

IT業界で働く上では、質問することは、避けては通れません。

経験があっても、現場がかわったら初心者に逆戻りです。

どんなにベテランでも新しく参入される方は、質問されます。

ただ、経験を積むと、何を質問していいのか、何を自己解決するべきなのか、

だんだんと感覚的にわかってきます。

あせることなく、まわりと比べず、少しずつ成長していきましょう。

現場で働けるエンジニア育成プラン

未経験からエンジニアに転職したいと考えている人を対象にレッスンを行っております。


私は29歳未経験からエンジニアに転職しました。

それまではミュージシャンを目指して音楽活動ばかり。
社会人としての経験はゼロでした。

エンジニア転職を決めたきっかけは、
その当時、ミュージシャンという職に対して将来的に希望がもてず、お金もなく、副業でやっていた物販にも失敗し、借金も1000万オーバー。
まさに人生のどん底で、そんなときに次の人生のステージとしてプログラミングという世界を選択しました。

あれから、数年。
今ではフリーランスとして仕事ができており、
収入もあの頃の数倍にまでなり、借金も返済できました。
エンジニア転職で人生が変わったといっても過言ではありません。

ただ、エンジニアに転職してからの時期は、困難の連続でした。
とくに最初の1−2年は、わからないことだらけで、本当にハゲるかと思うくらい苦しく、
実際に1年半後には適応障害になり、体を壊してしまいました。

プログラマーという職はタフな仕事です。

これからエンジニアを目指される方には、少しでも現場で苦労してほしくないという気持ちで、プログラミングのレッスンをしております。

私のレッスンではPHPを基本的なところからしっかりと学習していただいております。

これからPHPを使ってバックエンドエンジニアになりたい方には、大変おすすめのレッスン内容になっております。

レッスンはマンツーマン形式を採用しており、
しっかりとメンティーさんお一人お一人に対して、丁寧にコードレビューをして、
プログラミングの基礎をしっかりと身につけていただきます。
出題する問題には回答は用意しておらず、ご自身がしっかりとロジックを考えることを最大限重視しています。
また現場基準でコードレビューをしっかりおこなっておりますので、悪いクセがつくことを防ぎます。

PHPを基礎からしっかりと学習したい、Webエンジニアとして転職を考えているということでしたら、私のレッスンはおすすめできます。

実際の実績としても、
30代での転職成功者も多数!
未経験から機械学習エンジニアに転職成功!
MENTAでは圧倒的に高評価のレビューをいただいております。

エンジニアに転職して、人生を変えたい
再チャレンジしたい
と思っている方
もしかするとお力になれるかもしれません。

まずはお気軽にご相談ください。