目標ってのは自分を律するために立てるものということに気づいた話

目標ってのは自分を律するために立てるものということに気づいた話

目標は何のために立てますか?

それはですね、弱い自分を律するために目標を立てます。

毎日、10分でもプログラミングを学習する。

毎日、ブログを書く。

毎日、本を読む。

などなど、何も意識せずに生きていると、なかなか実行できないことを目標にしますよね。

では、弱い自分を律するときとはどんなときですか?

それは、嫌なことをやらないといけないときです。

自分のやるべきことが好きなことであれば、とくに目標がなくても、行動できるはずです。

自分の夢を叶えるために目標をたてがちですが、

実は、夢を叶えるために必要なことだけど、

その行動が、自分にとってあまり好きじゃない行動の場合に、目標を立てる必要があるのです。

自分の夢を叶えるためには、ときに嫌なことをやらないといけないことも多いでしょう。楽しいと、楽は違うのですね。

目標は自分を律するために立てる。

つまり、自分があまり得意ではないけど、それをやらないと自分の理想に近づけないようなこと。

それを達成するためにどう行動するか

嫌なことを達成するために自分を律するために目標を立てるのですね。

目標を決めるときの参考にしてみてください^^