自分にラベルを貼ると、行動量が増えるという話

自分にラベルを貼ると、行動量が増えるという話

人はストーリーが好き

例えば、

熱狂的に文章を書く執筆化

食事も忘れるほどコードを書くことに夢中なプログラマー

細切れの時間をすべて仕事に費やすビジネスマン

などなど、自分がいいなと思うような理想像を思い浮かべて、そのイメージを自分にラベリングする

ラベルをはることで、理想の人物のように仕事ができる

逆に、具体的な数字とか、専門用語はだめ、モチベが下がります。

月収何万円稼ぐだとか、一日何時間勉強するだとか、

小難しい技術の話だとか、

そのような話を聞くだけで、気後れして、モチベーションが下がりませんか?

ぼくは下がります。

それよりも、自由に自分の理想を思い描いて、子供のようなピュアな気持ちで、何でもトライした方が、あきらかに行動量が増えます。

苦しいときにあと一歩踏み出せることが多いです。

理想の自分を想像してみるってことは、子供じみているかもしれないけれど、個人的にはとてもパワーが湧く秘訣です。

実際に、心理学でもラベリングは、けっこう効果があるようです。

ヤバい集中力 1日ブッ通しでアタマが冴えわたる神ライフハック45

まずは、自分の理想を自由に思い描いて、自分にラベリングすることはとてもおすすめです!