独学でプログラミングは習得できる?プログラマーを目指す人がまず取るべき行動とは

独学でプログラミングは習得できる?プログラマーを目指す人がまず取るべき行動とは

プログラマーになりたいと思った方は、まずはみなさん、独学でプログラミングの勉強を始められますよね。
しかし、プログラミングって何から始めたらいいか、よくわからない人ってかなり多いと思います。
自分もプログラマーを目指そうと転職活動を始めた時は、プログラミングでいったい何ができるかもよくわからない状態で勉強を始めました。
実際に本を買って、独学で勉強もしてみましたが、最初の数ページですぐに挫折。
気づけば積ん読になっている本の山に…みたいな状態でした。
ブログを書いていても、HTMLとか見る機会は頻繁にありますけれど、何を書いているか全く意味がわからなく、独学の難しさを感じた記憶があります…
最初にはっきりと書いておきますが、プログラミングの独学って、よっぽどPCが好きで、考えることが好きじゃないと、挫折してしまいます!
個人的には、未経験から入社できる会社にさっさと就職して、研修で速攻プログラミングをマスターするか、スクールに通うことをおすすめします。
人から教わった方が、何倍も習得は早いんで!
自分一人でプログラミングを学ぶのは体験から難しいと思います。
そもそも誰から何も言われずともプログラミングをしている人は、もうすでにプログラマーになっていますよね。
今回は、プログラミングについて興味があるけれど、どうしたらいいかわからない方に向けて、プログラミングの勉強方法や、おすすめのスクールなどを紹介したいと思います。

なぜプログラミングを学ぶのか?

まず、あなたに問いたいことは、なぜプログラミングを学ぶか、ということです。
プログラマーとして働くためですか?
それともプログラミングで何か、自分の作りたいものがあるからですか?
まず、ここをはっきりとさせましょう。
プログラマーになって働きたいからという理由の人は、まずは未経験でも採用してくれる会社はないか探すことを注力した方が、結果的にプログラマーになるという目的を達成するのは早いです。
まだまだIT業界はエンジニア不足が深刻で、未経験でも積極的に採用している会社はかなり多いです。
一人で黙々と本と向き合うより、手っ取り早くプログラマーになってしまって、そこで先輩たちからいろいろと学んだ方が、圧倒的に効率よくプログラミングを習得することができます。
これは間違いありません。
しかし、未経験で入社する場合は、やはり最初はある程度、キツイことを覚悟した方がいいです。
最初はどうしても覚えることが多すぎな上、研修といえども仕事なので、課せられるノルマもキツイものになるでしょう。
私の場合は、研修が2ヶ月ありましたけど、研修中に同期の3人が会社をやめました。
まだ現場も経験する前に、会社をやめちゃう人がいるほど、研修が厳しかったです。
それでも結果的にわずか2ヶ月でプログラマーとして、現場で働けるようになるくらいは力をつけることができました。これぞ、まさしく知識の叩き込みですが、これくらい厳しく自分を追い詰めないと、なかなか人って変わらないと思います。
まずプログラマーになって、働きたいなと思う人は独学する前に、未経験でも採用してくれる会社を探すこと!

独学より人に教わる方が圧倒的に効率的な理由3選

人から教わることによって、一人で学ぶより圧倒的に効率よくプログラミングを習得することができます。
その理由としては
  1. 具体的にプログラミングというものをイメージできる
  2. ミラーニューロンが働く
  3. 行き詰まったら質問できる人がいる
具体的にみていきましょう!

具体的にプログラミングというものをイメージできる

繰り返しになりますが、私がプログラマーになった時、実はプログラミングというものが具体的にどのようなものができるか、いまいちイメージできなかったんですよね。
もちろん、サイトを作ったり、アプリを作るくらいの抽象的なイメージはありましたが、具体的にこういうものを作るには何が必要で、どのような技術が使われているかなんてことが全くわからなかったんです。
人から教わることで、プログラミングというものが物凄く具体的にイメージできます
実際にコーディングしている人を間近に見るだけで、プログラミングというものを直感で体験できると思います。
このプログラミングというものを肌感覚で理解することはとても重要で、一人で向き合いながらプログラミングをするのでは、なかなか具体的にイメージできるまでにはかなり時間がかかってしまうことでしょう。そもそも何から手をつければいいかわからないし。
誰か周りにプログラミングができる人がいれば、ぜひその人がコーディングしている姿をみてみましょう。
もし、周りに誰一人プログラミングをしている人がいないなら、初心者用の勉強会に参加したり、手っ取り早く未経験でも採用してくれる会社を探し、サクッと就職してしまいましょう。
個人的に、さっとプログラマーになって、現場でどんどんコードを書く方が100万倍早く成長できると思います。

ミラーニューロンが働く

これも先ほどの実際にコーディングしている人が近くにいるということに似通ってきます。
ミラーニューロンとは簡単にいえば、周りがやっていることをまるで自分がやっているように脳が認識し、自分も周囲と同じような能力を得ようとする人間の遺伝子の話です。
実際にプログラミングができる人が近くにいた方が、一人で勉強するより圧倒的に早くプログラミングを習得することができます。
また周りにプログラミングをしている人がいると、無意識でも競争心も生まれますし、気の合う仲間が見つかれば、定期的にプライベートで勉強会などを開いて、プログラミングに対するモチベーションを保ったまま、楽しくプログラミングを習得できます。

行き詰まったら質問できる人がいる

プログラミングを挫折してしまう大きな理由として、何かわからないところに行き詰まってしまってしまうことが大きな原因の一つです。
プログラミングにはわからないことが常に付きまといます。
一人前のプログラマーになるためには、わからないことは自分でネットなどで調べて、自力で解決する力を身につける必要があるんですが、特に初心者の頃はひとりで解決することは難しいです。
でも、周りにプログラミングができる人がいれば、自分が行き詰まっていることを質問することができます。
質問することで、自分の世界が広がります。どんなに考えても答えが見つからなかったのに、人に聞いたらものの数分で解決してしまったなんてことは日常茶飯事です。
この体験を通して、プログラミングのスキルが向上し、モチベーションもあげることができます。
わからなかったことがわかる、解決できなかったことが解決されるということは脳の中でエンドルフィンが溢れ出し、ますますプログラミング意欲が湧き上がるというわけです。
逆にいえば、一つのことに行き詰まり、まったく前に進めない状況では、ものすごくストレスですし、最悪、「自分はプログラミングに向いていなかった…」と思ってしまい、せっかくのプログラミングから遠ざかってしまうことになりかねません。

本気でプログラマーになりたいなら、独学ではダメ

結局何が言いたいかと言うと、本気でプログラマーになりたい人は独学よりさっさとどこかの会社に就職するか、どこかの専門学校にいって、がっつりプログラミングを学ぶべきです。

個人的には、多少強引でもさっさとプログラマーとして就職するべきだと思います。

今の世の中は、エンジニア不足問題が深刻化しているので、未経験でも積極的に募集している会社はたくさんあります。

さっさとプログラマーになって、現場でガッツリとプログラミングにハマってください。

 

もちろん自主的にどんどん独学するのは素晴らしいことですし、むしろ誰かに教わるのをまっているだけでは、たとえプログラマーになることができたとしても、長く続けることは難しいです。

ここで言いたいのは、プログラミングというものがよくわからないのに、いつまでも独学で勉強しているのでは、なかなかプログラミングを習得するのは難しいのではないかという話です。ちまちま独学していても、いつまでたってもプログラマーになんてなれませんよ。

今、この瞬間でも未経験からプログラマーに就職して、何倍ものスピードで成長している人がいるわけなんですから。

 

プログラマーになることは、全然難しくないんです。

 

大変なのは、プログラマーとして職についてから。

就職してからが本番なのです。

 

もしプログラマーになるためにプログラミングを独学されているなら、しっかりと転職活動に力も力を入れているか、今一度、自問自答して見てください。

 

もし、まだ転職活動をすることができていないのなら、今すぐ、行動しましょう。

簡単にプログラマーに転職できることに驚くに違いありません。

 

プログラマーに転職するなら、まずは転職エージェントに相談!

年齢に関係なく、まずは転職のプロに相談してみましょう。

転職エージェントは無料で利用できて、あなたと企業とをマッチングしてくれます。

履歴書の書き方から、面接の指導まで徹底的にしてくれるので、比較的短期間で採用されることが可能です。

あなたの長所も的確に教えてくれるので、面接などで自分自身をアピールすることも簡単ですし、あなたにぴったりの優良企業も紹介してくれます。

転職エージェントに掲載されている企業は、あらかじめ審査しており、過酷な労働環境や極端な離職者がいるような会社はリストから除外されています。

いわゆるブラック企業に就職するリスクがゼロになります。

これってひとりで転職活動していたら、なかなか難しいものがありますよね。

 

未経験ですけれど、プログラマーになれるところを探していますというような明確な意思を示せば、きっといい企業に巡り会うことができると思います。

 

おすすめの転職エージェントは、ワークポートです。

未経験の転職ナビ
ワークポートは、IT専門の転職エージェントです。

未経験でも積極的に募集している求人も多数提携しています。

ゲーム関連の求人も多く、スクエニなどの大企業とも提携していますので、業績の安定さがうかがえますね!

就職活動は不安になることも多いですし、業界未経験なら、なおさらその分野のプロの力を借りるのが一番です。

エージェントに登録しておけば、担当のエージェントにいろいろと相談や質問ができるので、心理的にもすごく楽になります。

 

転職活動をする場合は、まずは転職エージェントに登録して、話を聞いてみましょう。

エージェントの話をききつつ、自分が本当にやりたい仕事を探せば、人生の選択肢がグッと広がりますよ。

ワークポート 登録はこちら【1分で完了】