行動できないときは、機会損失を最も嫌おう

行動できないときは、機会損失を最も嫌おう

頑張ってもなかなか成果がでないとき、これ以上、一歩も前に進めないような感覚になりませんか?

自分が決めた目標に対して、ある一定の期間は頑張れるのですが、

なかなか結果がでないと、次第にモチベーションが低下してきて、

「どうせ、これをやっても意味ないでしょ」と、自分がやっていることに無価値を感じてしまいませんか?

人は自分のやっていることにたいして、未来のビジョンが見えなければ、前に進めなくなります。

自分のこの頑張りが、どう結果に結びついて、自分のためになるかが想像できないからですね。

ただ、苦しいことをすべて避けていたら、いつまでたっても何も変わらないこともわかっています

そんなときは、「機会損失を最も嫌う」ということを意識しています

できるかどうかわからない

たとえ、これをやりきっても、何も変わらないかもしれない

むしろ、失敗するかもしれない

それでOKと自分にいいきかす。

やってみて、何も反応がないなら、それでいい

最も嫌うべきなのは、やる前から色々と考えて、結果、行動できなかったということ

結果がでるかどうか、わからないものに対して行動することは、とても怖いものです。

いろいろな考えに縛られて、行動できなくなったとき、

「機会損失を最も嫌う」という言葉を思い返し、今日も体を奮い立たせています