プログラマーの年収は?ブラック労働?年収1000万円を稼ぐには?

プログラマーの年収は?ブラック労働?年収1000万円を稼ぐには?

 

今後、ますますIT化が進むことが予想され、プログラマーのお仕事はますます人気になることでしょう。

そこで気になるのが、なんといっても年収ですよね。

長時間労働で忙しい、低賃金でブラック労働だといったことがささやかれていますが、実際はどうなのでしょうか?

未経験からプログラマーを目指す方も、すでにプログラマーとしてご活躍されている方も

平均的な収入を知った上で、ご自身のキャリアアップの参考にしてくれれば幸いです。

プログラマーの年収はいくらなの?

まず実態としては、日本の平均で約300万円〜500万円が相場と言われています。

これは他の業種と比べましても、平均的な給料です。

もちろん未経験からプログラマーであるならば、給料は月収20万円ほどとなり、上を目指せば年収1000万円を超える達人も少なくありません。

給料は働いている環境で大きく左右されることでしょう。

大きい会社に入社することができれば、それだけ給料も期待できますし、

逆に小さいベンチャー起業に入社し、しっかりとした結果を残すことができましたら、その分の成果報酬として、若くして年収4桁万円を超える給料をいただけるかもしれません。

プログラマーってブラック労働じゃないの?

プログラマーの仕事に興味はあるけれど、実際は低賃金、長時間労働の嵐じゃないの?

なんて思い込んでいる人も少なくないと思います。

せっかくプログラマーになりたいと思ったにもかかわらず、休日出勤や徹夜の連続などが引っかかって、転職に一歩踏み出せない人もいることでしょう。

確かにIT業界はブラックなイメージがありますが、実際はどうでしょうか?

 

どうすれば年収1000万円を狙うことができるの?

せっかくプログラマーとして働くのなら、年収1000万円を狙いたいところですよね。

しっかりと働くなら、しっかり稼がないといけないと思います。

高収入の一つの目安が年収1000万円とするならば、どのようなキャリアを取ることが考えられるでしょうか。

私が年収4桁万円を超えるためにするべきことは下記の3点です。

  1. システムエンジニア(SE)になり上流工程もできるようにする
  2. フリーランスになる
  3. 大企業、勢いのある会社に就職

それでは、それぞれについて詳しく書いていきます。

1、システムエンジニアになり、上流工程もできるようになる。

システム開発はよく建築に例えられます。

プログラマーは建築で例えるならば、工事現場での作業員、土方です。

プログラミングをするだけでは年収アップには中々つながりません。

そこで現場を指揮したり、設計図を描いたりする建築家、すなわちシステムエンジニアとしてのキャリアをお勧めします。部分的に開発に関与するプログラマーより、全体的に関与するシステムエンジニアの方が、給与が高くなる傾向になります。

またシステムエンジニア全員がプログラミングができるわけではありません。

SEとしての仕事に集中してしまうと、どうしてもプログラマーとして仕事をする機会が減ります。

プログラマー、システムエンジニアの両方の仕事ができれば、自ずと給料が上がることは間違いありません。

2、フリーランスになる

ご自身の技術に自信があるのなら、フリーランスとしてお仕事をすることも考えられます。

フリーランスになれば、売り上げは、すべてご自身のキャッシュになりますし、単価もご自身の力量に合わせて自由に設定することができます。

その分、技術が常に進化するIT業界ですから、日頃から常に勉強をする必要がありますし、人付き合いも大変だと思います。

それでも仕事は自分がやりたいかどうかで決めることもできますし、時間も場所も自由なので、フリーランスで働きたいと思う人も少なくありません。

3、大企業、勢いのある会社に就職

単純に事業の規模が大きい会社に就職すればするほど、プログラマーの年収はアップいたします。

自社開発ソフトなどが多く売れている会社は、開発費を回収できれば、残りはすべて利益になります。自社開発ソフトがヒットしている会社は、その分、売り上げが多くなり、必然的に社員の給与もアップいたします。

未経験から入社するなら、大手企業よりベンチャーがお勧め!

私は大企業のプログラマーを目指すよりは、小さい勢いのあるベンチャー起業に入社することをお勧めいたします。

ベンチャー起業は人手が足りず、猫の手でも借りたいほど忙しいことがほとんどです。

未経験でも人材育成に力を入れている企業も多いので、入社できるチャンスがありますし、多種多様な仕事を経験できますので、今後のプログラマーとしてのキャリアアップ時に必ず役に立ちます。

正当に評価していただければ、給与アップが早いことも大きな魅力の一つですね。

 

ホリエモンも、プログラマーとして雇ってもらうなら、大企業よりベンチャー企業を狙った方が簡単だと言っています。

 

 

もちろんベンチャーであればどこでもいいというわけではありません。

自分が志望する会社がどのような経営方針で、どのようなマインドもっているのかがとても大切になってきます。

しっかりと若手を育てていくというマインドがある会社でしたら、未経験で入社しても、しっかりとした教育を受けられると思いますし、自由にやっていい代わりに、こちらは関与しないという方針であれば、自分でしっかりと日夜勉強し、結果を出さなければなりません。

これは、ご自身の好きな方を選べばいいと思いますので、転職活動をする前に、しっかりと志望する会社の経営方針を調査しておきましょう。

 

まとめ

プログラマーとして年収1000万円を目指すのであれば、とにかく有能になることです。

エンジニアは技術があって、ナンボの世界です。

どこにでもいるような平均的なプログラマーでしたら、平均的な年収になるのは当然のことです。

他の誰にも真似できないほど、あなたが実力をつけ、会社が、「ぜひあなたにコードを書いて欲しいんだ!」とお願いされるくらいになりましょう。

現代は、小学生がプログラミングができるような時代です。

ただ、プログラミングができるだけでは評価されない時代になってくるでしょう。

そこで大切になってくるのは、プログラミングをする上で、「あなたは何を作りたいのか」と言うことです。

プログラミング + α の力が求められるようになるのですね。

ぜひ、一度、プログラマーを目指す上で考えてみましょう。