エンジニア転職

プログラマーが成長するときとは?

プログラマーはどのようなときに成長するでしょうか?

それは、自分に実装できるかどうかわからないことを完成させたときです。

プログラマーとして働いていると、

わからないことがたくさんあります。

その都度、調べながら実装しますが、

ときには日本語の情報がないことも多いです。

そういうときは、海外のサイトも調べる必要がありますし、

それでも解決できない場合は、使用しているライブラリのソースを直に見て、

どのような構造になっているか理解していく必要があります。

でも、その作業って、とっても大変です。自分にスキルがないと、とてもじゃないけど対応できないですよね。

でも、ここで逃げてはいけません。

仕事の責任を感じながら、ああでもない、こうでもないといいながら、

何度も何度も同じコードを読んで、少しずつ理解していく。

その過程をふむことで、確実にプログラマーとして成長できるのです。

プログラマーになって、最初の数年はわからないことの連続。

ときには自分にとって無理難題のタスクを任されることもあるかと思います。

でも、そこで逃げてしまっては、何も成長できません。

わからない、けど、絶対に完成させないといけない

暗闇の中、手をかき分けるように、ひとつずつ、完成までの段階を踏んでいく

その過程を経ることで、確実にエンジニアとして成長できます。

エンジニアはタフな仕事です。

簡単なことばかりしていては、いつまでも成長できません。

プレッシャーを感じながら仕事をするのは、とても大変ですが、

ひとつずつ成長していきましょう。