プログラマーが成長するときとは?

プログラマーが成長するときとは?

プログラマーはどのようなときに成長するでしょうか?

それは、自分に実装できるかどうかわからないことを完成させたときです。

プログラマーとして働いていると、

わからないことがたくさんあります。

その都度、調べながら実装しますが、

ときには日本語の情報がないことも多いです。

そういうときは、海外のサイトも調べる必要がありますし、

それでも解決できない場合は、使用しているライブラリのソースを直に見て、

どのような構造になっているか理解していく必要があります。

でも、その作業って、とっても大変です。自分にスキルがないと、とてもじゃないけど対応できないですよね。

でも、ここで逃げてはいけません。

仕事の責任を感じながら、ああでもない、こうでもないといいながら、

何度も何度も同じコードを読んで、少しずつ理解していく。

その過程をふむことで、確実にプログラマーとして成長できるのです。

プログラマーになって、最初の数年はわからないことの連続。

ときには自分にとって無理難題のタスクを任されることもあるかと思います。

でも、そこで逃げてしまっては、何も成長できません。

わからない、けど、絶対に完成させないといけない

暗闇の中、手をかき分けるように、ひとつずつ、完成までの段階を踏んでいく

その過程を経ることで、確実にエンジニアとして成長できます。

エンジニアはタフな仕事です。

簡単なことばかりしていては、いつまでも成長できません。

プレッシャーを感じながら仕事をするのは、とても大変ですが、

ひとつずつ成長していきましょう。

現場で働けるエンジニア育成プラン

未経験からエンジニアに転職したいと考えている人を対象にレッスンを行っております。


私は29歳未経験からエンジニアに転職しました。

それまではミュージシャンを目指して音楽活動ばかり。
社会人としての経験はゼロでした。

エンジニア転職を決めたきっかけは、
その当時、ミュージシャンという職に対して将来的に希望がもてず、お金もなく、副業でやっていた物販にも失敗し、借金も1000万オーバー。
まさに人生のどん底で、そんなときに次の人生のステージとしてプログラミングという世界を選択しました。

あれから、数年。
今ではフリーランスとして仕事ができており、
収入もあの頃の数倍にまでなり、借金も返済できました。
エンジニア転職で人生が変わったといっても過言ではありません。

ただ、エンジニアに転職してからの時期は、困難の連続でした。
とくに最初の1−2年は、わからないことだらけで、本当にハゲるかと思うくらい苦しく、
実際に1年半後には適応障害になり、体を壊してしまいました。

プログラマーという職はタフな仕事です。

これからエンジニアを目指される方には、少しでも現場で苦労してほしくないという気持ちで、プログラミングのレッスンをしております。

私のレッスンではPHPを基本的なところからしっかりと学習していただいております。

これからPHPを使ってバックエンドエンジニアになりたい方には、大変おすすめのレッスン内容になっております。

レッスンはマンツーマン形式を採用しており、
しっかりとメンティーさんお一人お一人に対して、丁寧にコードレビューをして、
プログラミングの基礎をしっかりと身につけていただきます。
出題する問題には回答は用意しておらず、ご自身がしっかりとロジックを考えることを最大限重視しています。
また現場基準でコードレビューをしっかりおこなっておりますので、悪いクセがつくことを防ぎます。

PHPを基礎からしっかりと学習したい、Webエンジニアとして転職を考えているということでしたら、私のレッスンはおすすめできます。

実際の実績としても、
30代での転職成功者も多数!
未経験から機械学習エンジニアに転職成功!
MENTAでは圧倒的に高評価のレビューをいただいております。

エンジニアに転職して、人生を変えたい
再チャレンジしたい
と思っている方
もしかするとお力になれるかもしれません。

まずはお気軽にご相談ください。