iPhoneアプリ開発を独学してみる!割引計算アプリの開発に挑戦1

iPhoneアプリ開発を独学してみる!割引計算アプリの開発に挑戦1

そろそろ、自分でアプリでも作ってみるかーー!ってことで、先日、書店で、iosアプリ開発の本を買ってきて、スマホアプリの開発に挑戦中です。

 

普段、私はPHPのプログラミングをしており、iosアプリの開発の知識は全くありません。

ですので、iosアプリ開発に必要なswiftなどのプログラミング言語を学ぶ必要があるのはもちろんのこと、フロント画面とコントローラー(画面とプログラミングソースとの仕組み)との連携がどうなってるかなど、よくわからない状態での勉強スタートです!

 

さぁ、始めようか!!

割引計算アプリの開発に挑戦

ってことで、私が購入してきた本はこちらです。

自分は、2016年版とちょっと古いバージョンでしたので、今なら新しいものが出ています。

 

こちらはヤフーのアプリ開発の最前線で活躍されている黒帯エンジニアが、初心者にもわかりやすく、基本からしっかりと、解説してくれています。

 

技術書を選ぶときに、私が気をつけていることは、しっかりとした具体的な実践形式になっているかどうかです。
ただ、言語の文法の説明だけになっていると、単なるお勉強で終わってしまいますし、何より、面白くありません。

 

プログラミング上達の基本は、やっぱり、実際に自分の手を動かし、ソースを書いて、PCを動かしてみることです。

 

具体的な例が豊富に載っている、かつ初心者でも比較的親切に書いてある本書は、入門書としては最適だなと思ったので購入にふみきりました!

 

実際に載っているコードを写経してみた

まず、プログラミング初学者が最初にやることは、プログラミングの写経です。
凡人プログラマーから一流プログラマーになりたいなら、悩む前にとにかくコードを写経!!

ってことで、xcodeの設定や、swiftの基本的な文法は軽く読み飛ばし、最初のプログラミング開発までどんどん読み進めていきます!

 

ちなみに技術書を読むときは、最初から全部を理解しようとしては絶対にいけません!
冒頭から緻密に読み進めて、swiftの文法を完璧にマスターしようとしてしまうと絶対に挫折してしまいます。

小難しいことはとりあえず置いておいて、実践の項目で実際に手を動かしながら書いてみて、わからないときに、その都度、読み返し、確認しながら読み進める方がベターです。
プログラミングの文法は、基本的なところを理解したら、あとは実践で書きながら覚えた方が100倍効率がいいですよ!

 

今回、開発するのは、簡単な割引計算機です。
割引計算機の用途はよくわかりませんが、それでも画面に、電卓らしき画面と、その画面をタップすると動く仕組みのようです!

iosアプリ開発はどこか難しいというような先入観がありますが、実際はどんな感じなのでしょうか?
実際にやってみましょう!

とりあえずフロント部分は、技術書に載っているソースそのままに写経して、できたのがこちら!

 

 

すげー!

なんかそれらしくなっている気がする!

シンプルだが、シンプル is ベスト!!

最初は小さなことから始めていくのだ!

 

作り方も簡単で、xcodeを起動して、新規プロジェクトからの、

必要なパーツをただドロップして持ってくるだけ!

 

テキストは「Label」、ボタンは「Button」ってやつを持ってくるだけですね。

 

 

それぞれのパーツも、詳細設定で、座標の調整などできるので微調整もできますし、クリックしてパーツも動かせるので、直感的にデザインもすることが可能です。

 

 

とまあ、ここまで全くプログラミング関係ないですけれど、普段HTMLやJavascriptでフロント画面作ってるので、衝撃でしたw

こんなの誰でも作れるやんてw

 

プラモデル作ってる感じ?いや、切り絵をしている感じか?

 

あとは、それぞれのパーツがクリックされたときにどのような動作をするのかを、実際にswiftでプログラミングしていくって感じになりそうですな!

 

それにしても、この本気ではじめるiPhoneアプリ開発は、とても親切丁寧に説明されていて、つまずくことなく、フロント画面を作成することができました。

かなり前半を読み飛ばしていたので、最初の設定等で、ちょっとつまずくかなとか思っていたのですが、そんなことはなく、前のページで説明していたことも、再度、丁寧に説明していましたし、とても好感を持てました。

 

ページも全ページカラーですし、画像も豊富で、思い詰まることは少ないと思いますよ^^

つまづかないことは、プログラミングを独学する上で大事ですから(挫折の元!)

 

アプリ開発は難しそう、

プログラミングに興味はあるけれど、何からやっていいかよくわからない、

みたいな人にとてもオススメの一冊な気がします!

アプリ開発は勉強していて、とても面白いですしね^^

プログラマーになりたいと思ったら、まずは転職エージェントに相談して見て!

少しでもプログラマーに転職したいなと考えたなら、まずは転職のプロに相談してみましょう!

 

スキルがなくても、プログラミング未経験でも、積極的にあなたの就職支援をサポートしてくれます!

 

転職エージェントは完全無料で利用できて、あなたと企業とをマッチングしてくれます。

履歴書の書き方から、面接の指導まで徹底的にしてくれるので、比較的短期間で採用されることが可能です。

あなたの長所も的確に教えてくれるので、面接などで自分自身をアピールすることも簡単ですし、あなたにぴったりの優良企業も紹介してくれます。

 

転職エージェントに掲載されている企業は、あらかじめ審査しており、過酷な労働環境や極端な離職者がいるような会社はリストから除外されています。

 

いわゆるブラック企業に就職するリスクがゼロになります。

 

これってひとりで転職活動していたら、なかなか難しいものがありますよね。

 

未経験ですけれど、プログラマーになれるところを探していますというような明確な意思を示せば、きっといい企業に巡り会うことができると思います。

 

おすすめの転職エージェントは、ワークポートです。

未経験の転職ナビ
ワークポートは、IT専門の転職エージェントです。

 

未経験でも積極的に募集している求人も多数提携しています。

ゲーム関連の求人も多く、スクエニなどの大企業とも提携していますので、業績の安定さがうかがえますね!

 

就職活動は不安になることも多いですし、業界未経験なら、なおさらその分野のプロの力を借りるのが一番です。

 

エージェントに登録しておけば、担当のエージェントにいろいろと相談や質問ができるので、心理的にもすごく楽になります。

 

転職活動をする場合は、まずは転職エージェントに登録して、話を聞いてみましょう!

エージェントの話をききつつ、自分が本当にやりたい仕事を探せば、人生の選択肢がグッと広がりますよ!

ワークポート 登録はこちら【1分で完了】