Youtube

プログラミング学習の動画撮影は、最強のプログラミング学習方法だと気づいた話

少しずつYoutubeにプログラミング開発風景の動画をアップしています。

Youtubeに動画をアップする理由は、

実際にプログラムを開発している様子を見たい方もいるのではないかなと思ったこと

使い慣れた技術ではなく、新しい技術を習得しようとしている過程を配信することで、

少しでも積極的に技術を学ぼうと思ってくれる方がいるかもと思ったこと

などが理由ですね。

動画を定期的に作ることで、

それだけ自分もスキルアップできますし、一石二鳥というわけです。

で、実際に動画を作ってみた感想なのですが、

めちゃくちゃ、勉強の効率が良いです!

自分は1本の動画が完成するまでの過程は、

  • 撮影する前に、仮実装
  • 撮影時に、思い出しながら再度、実装
  • 動画編集時に復習
  • リリース後に、自分で視聴 
  • 定期的に、見返す

これって、完全に人間が記憶するルーティンですよね。

人がものを覚えるために必要なことは、反復と言われています。

自分が忘れかけたころに、再度、思い出すことを繰り返すことで、

記憶に定着します。

動画を撮影するルーティンう見返してみると、

撮影前に、一度仮実装して、

本番時に、思い出しながら実装

動画編集時に、再度、学んだ技術を思い出し、

動画をリリース後も、定期的に自分が作成した動画を見返してみる

何度も思い出す作業を反復していますね!

これ、プログラミング学習方法としては、最強なのではなかろうか。

まあ、まったく視聴数とれないので、需要は全然ないんですけどね!

しばらく続けてみようと思います。