HTMLで受付フォームを作ろう!

HTMLで受付フォームを作ろう!

未経験からプログラマーとして入社した場合、まず研修でやることといえば、HTMLやCSSなどを使った受付フォームの作成でしょう!

受付フォームはHTMLやCSSを理解する上でとても分かりやすく、現場に入ってもすぐに実践で生かすことができます。初心者でもすぐに書くことができますので、ぜひ学んでみてくださいね!

 

HTMLやCSSは、プログラマーになる人は最低限身につけておくべきことです。実際に手を動かしてサクッと作ってみましょう。

今回、作りたい受付フォームの機能は下記の通りです。

  • 名前
  • 年齢
  • 住所1
  • 住所2
  • 登録ボタン

まずは表面的なところだけですが、HTMLでサクッと実装しちゃいましょう!

 

ひとまず必要最低限の機能を実装しました!

レイアウトとかはまた別の動画でアップしていきたいと思います。

とにかくプログラミングができるようになるには、たくさんのコーディングをしていかないといけないですね。初心者の内は、とにかく量を意識することです。

自分も未経験からプログラマーになって数ヶ月ですので、ブログなどを通してどんどんアウトプットしていきます!