エンジニア転職

プログラミングは難しい。時間がかかって当たり前という話

SNSを見ていると、

こんなもの作りました!

とか、

プログラミング始めて〜ヶ月で、案件獲得しました!

とか、

こんなポートフォリオ作成してます!

とか、

#今日の積み上げ

とか、

キラキラした情報にあふれていますよね。

そのような情報ばかり見ていると、

プログラミングができない自分に対して劣等感を感じたり、

不快な気分になることはありませんか?

プログラミングができない自分は、エンジニアに向いていないんじゃないか?

とか不安になりますよね。

プログラミングは難しい

まず、プログラミングは難しいです。

覚えることは無数にありますし、未経験なら最初の1−2年は本当にぶっ倒れるかと思うほど、キツイ仕事だと思います。

毎日プレッシャーを感じながら、必死に勉強して、それでもなかなか身につけられないものです。

なので、

まずプログラミングは難しいということを前提にしましょう。

SNSで、あたかも簡単にプログラミングできた〜とか書いているような情報は、気にする必要はありません。

数日程度やったくらいで身につけるスキルは、あなたもすぐに身につけることができます。

自分も未だに、現場では知らないことは多く、

ハマるときは何時間も、ひどいときは数日ハマります。

その経験をすることで、自分の中でスキルが蓄積されます。

これが知識です。

この知識を積むことで、次第にプログラミングでできることが増え、

エンジニアとして働くことができるようになります。

だから、もしあなたが周りと比べて劣等感を感じてしまうなら、まずは自分を責めないこと

自分のやってきたことを褒めてあげること

自分の現状受け入れること

その上で何をするかが非常に大切です。

だれでも簡単にできることに価値はない

ちょっとやっただけで、できることは、あなたもすぐにできるようになります。

だれでもできることに価値はありません。

だれもができないからこそ、価値になり、仕事になります。

繰り返しになりますが、プログラミングは難しいです。

未経験なら、なおさらです。

難しいからこそ、できるようになれば価値になります。

もし、何かしらのエラーにハマっているなら、

今そこが、あなたが成長できるチャンスです。

それを解決できたとき、あたなは昨日より間違いなく成長しています。

ピンチはチャンスなのですよ。

今日何をしたのかが100万倍大事

SNSは本当に華やかな情報が多すぎて、他人と比較しないと言っても無理でしょう。

なので、まずは自分が少しでも不快と感じる情報はシャットダウンしましょう。

どんなに有名な人の言葉でも、自分に害を及ぼす内容なら、速攻でシャットダウン

まずは情報を見ないことです。

そして、自分の理想を叶えるために、今日何をするのか決めましょう。

決めたことを必ずやりきりましょう。

もし、やって失敗したらどうしようとか、頭で考えても、

やってみないとわかりません。

頭でずーーっと考えるより、うまくいかないかもしれないけど、

ひとまずやるだけやってみる、ということが何万倍も大切です。

自分が決めたことをやりきる習慣を身につけることができたら、

なんだってできます。

まとめ

プログラミングに限った話ではないですが、

結果を出すには、泥臭い努力をしないといけない時期が絶対に必要です。

やりたいことをやるために、やりたくないことをやらなければならない時間が絶対にあります。

もしSNSで好きなことだけやりましょうというような情報があるなら、それはあなたに華やかな情報を見せようとしているだけです。

真実は、間違いなく、歯を食いしばって、がんばらないといけない時期があるということ。

その期間なくして、自分の理想を叶えることはできません。

才能じゃないんですよ

やるか、やらないか

それだけです。