その他

新型コロナウイルス体験記〜感染から入院するまでの全記録〜

先日、新型コロナウイルスに感染しました。

感染してから3週間。まだ全回復とはいえないのですが、無事、生還できましたので自分の経験を記事として残しておきます。

毎日のようにコロナウイルスの報道がされておりますが、

あまり危機感がない方も大勢いらっしゃるように思います。(自分もそうでしたが…)

自分の経験をお伝えすることで、少しでも危機感をもって、ご自身やご家族を守るために何かしら参考になれば幸いです。

感染してからの回復するまでの全記録

0日目

昼前から微熱(37.4度)、ひどい寒気

1日目

深夜3時頃、38度以上に。そのあと、朝には36.9度のため迷うも、念の為病院受診。そのときから倦怠感と軽い咳。次の日にpcr検査を受けるように言われ、予約をとってもらう。

2日目

昼頃pcr検査へ。体の痛みが出る。

3日目

38度超えの熱。昼過ぎにpcr検査陽性の連絡が病院から入る。保健所からの連絡待ちの間、パルスオキシメーターを購入。手足の末端が冷たく、少し痺れがあり。

4日目

深夜熱が上がり、39度台になるも、カロナールを飲みながら、7〜8度台をいったりきたり。保健所から連絡有り、発熱日から10日後までの自宅待機指示。パルスオキシメーターの貸出と食料送付の件について連絡。

5日目

改善の兆しが全く見えず。咳がひどくなり、息苦しくなってくる。熱は38.5 ~ 39度。

6日目

相変わらず熱は下がらず。咳や息苦しさが出てくる。東京都の食糧が届くも食べられるような状態ではない。酸素濃度は96を切るように。

7日目

変わらず。一週間の熱、ほとんどまともに食べられていないことから、体力が削られているのを感じる。保健所から連絡があった際に咳のことを相談し、病院を紹介される。

8日目

紹介された病院に電話するも、隣の市の病院で、電話診療していないと言われる

ただ、その病院が近くの薬局に連絡してくださったようで咳止めを処方してもらい、自宅に届けていただく。熱は下がらず、SpO2は94に。咳もあまりよくならず、息が吸いきれない。寝ていても苦しく、上半身を高く保ちながら寝る姿勢が一番楽なことに気づく。

9日目

夜中あまりのしんどさに救急に電話したものの、搬送してもらえず。酸素濃度がが90以下にならないとだめ。基本的に38度台の熱。カロナールで抑えながらだましだまし様子見。良くなる見込みが全くたたず。

10日目

良くなるどころか、次第に呼吸困難になってくる。

保健所も毎日電話はくださっており、初めにかかった病院にも相談したが、具体的な指示やアドバイスはなし。そんなときに、受付休止していたファストドクターの申し込みが運良くできる。夕方電話診療、23時頃に自宅に来てくれることに。診療の結果、中等症1でギリギリ耐えているとのこと。酸素濃度が93を切るようなら、再度呼んでくれと指示される。

11日目

酸素濃度は93〜94、咳が出ると91まで下がる。息苦しくて普通に横にはなれない。

12日目

息苦しくて寝られない。夜に熱が上がる。朝方5時頃、酸素濃度は92まで下がり、もう一度、自分でファストドクターに申し込み。朝9時前にお医者さんが来て、ステロイド(錠剤)を処方してくださり、酸素濃縮器と入院の手配について保健所に相談していただけるとのこと。保健所からは入院エントリーの意思確認がようやく入る。(いつ入れるかはわかりません。)夜、酸素濃度が90まで下がる。その20分後くらいに酸素濃縮器到着。3リットル投与開始。一時間半くらいするとSpO2は94くらいで安定してきたとのこと。

熱はこのあたりがピークで、37度代まで下がる。

13日目

保健所から入院先が決まったと連絡がはいる。午後には入院。保健所から送迎車を手配してもらう。

14 ~ 21日

病院で治療。肺炎になっており、血液中の炎症が激しいとのこと。

コロナ治療の点滴を打ち、ステロイド投与で治療に集中。24時間、心電図と酸素濃度をチェックされる。

3日ほどで酸素投入もなくなり、1週間ほどで回復してきました。

感想

以上、私がコロナウイルスに感染して経験したことでした。

最初の数日は、コロナに感染しながらもリモートで仕事をしていたのですが、

5日あたりから急激に体調が悪くなってきたのを覚えています。

連日のコロナウイルスの報道をみていると、

自宅療養をしながら、まともな治療を受けられない方がたくさんいるのだなと

あらためて思いました

本当に自分もこんな状況でした。

病院に電話しても、ろくに診察してくれないですし、保健所も状態をきくだけで何も動いてはくれません。

今後、ますます感染者が増えると思うと、本当に救える命も救えない状況が発生すると思います。

だからこそ、

今一度、コロナウイルスに対して危機感をもつ必要があると思うのです。

ひとごとではなく、自分のために。

少しでも自分の経験が参考になれば幸いですmm

パルスオキシメーターは東京都から来るまで待つのではなく、自分で購入しておきましょう

食欲が全く湧きませんが、何かしら食べないといけないのでゼリーは常備したほうがいいです。

他の入院患者さんもそうでしたが、脱水症状になりやすいです(喉が乾いても飲みたいと思わないのが怖いところ)

OS1は点滴と同じなので、箱買いしておくべきです。これが命綱です。